七央斗
さまざまで、テキトー。身のまわりのことが多いです。
プロフィール

なおと

Author:なおと
大阪市阿倍野区に勤務。
天王寺区に母と在住。
1965/9/11生まれ。
独身男性。
パラサイト・・じゃないですっ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



フリーエリア



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



客と店員と勉強用ノート
353 名前:いい気分さん[] 投稿日:2012/03/28(水) 13:08:20.37
土方と店員

客「コレ、オネチィース」
店「チス、コレッスネ、ウィッス」
客「ウィ」
店「……」ピッピ
客「オウェ!?ウェウェウェ、ウィウィウィ」タタタッ
店「?」
客「コレモ、シャス」
店「ウスウス、オケス」
客「サイセン」
店「イェイェ、ゼンゼ、ジョブッスシ、イースイース」ピッ
客「ウィァ…」
店「ィー…コチャーノコノミャキ、アタタッスカ?」
客「ソッスネ、チンシテッサイ」
店「ワカリャッシタ、アタタッス」バタン
客「…ノウェ」
店「ィェアーット、ゴテンデ、ケーサーゼーニナリャッス」
客「サゼッスカ、ンジャゴセッデッ」
店「ア、ウェイウェイウェイ、マチァッシタ、サンゼッハピーイェンッス、シャイセン」
客「イッスイッス、ゴセッドゾ」
店「ゴセッカラディ-…セーニャッエンノカーシッス」
客「ウィ」パーン!
店客「ウェア!?」
店「…アチー、マーネズワスッタ、ハレッシチィシタカラ、カエテキャッス」
客「ア、イスイス、ジョブッス」
店「シャセンッシタ、アザス」
客「ウェイ」ピロリンピロリン、ガー
店「ザッシター」
客「ア、シートワスッタ、シット!」


354 名前:いい気分さん[sage] 投稿日:2012/03/28(水) 15:11:07.70
客「これ、お願いします。」
店「はい、これですね。ウィ」
客「ウィ」
店「……」ピッピ
客「あれ!?ウェウェウェ、ウィウィウィ」タタタッ
店「?」
客「これもお願いします。」
店「はい。おkです。」
客「すいません。」
店「いえいえ、全然大丈夫ですよイースイース。」ピッ
客「ウィァ…」
店「あの、このお好み焼き、温めますか?」
客「そうですね、レンジで温めてください。」
店「わかりました。、アタタッス」バタン
客「…ノウェ」
店「えっと、5点で、1300円になります。」
客「3000円ですか、それでは5000円で」
店「あ、すみません、間違えました、3800円です。すみません。」
客「いいですよ。5000円でお願いします。」
店「5000円からお預かりで、1200円のお返しになります。」
客「はい。」パーン!
店客「ウェア!?」
店「…あちゃ、マヨネーズ外すの忘れて破裂してしまいました。新しいものに変えてきます。」
客「あ、いいですよ。大丈夫です。」
店「すいませんんでした。ありがとうございます。」
客「はい。」ピロリンピロリン、ガー
店「ありがとうございました。」
客「あ、レシート忘れました。レシートください」


2015.12.6.4

・日本国憲法第25条で「社会福祉」という用語が出てくる。

・1957年(昭和32年)の朝日訴訟で焦点となったのは、日本国憲法第25条が規定する生存権。

・朝日訴訟(あさひそしょう)とは、1957年(昭和32年)の日本で、当時国立岡山療養所に入所していた朝日茂(あさひ しげる、1913年7月18日 - 1964年2月14日:以下「原告」と呼称)が厚生大臣を相手取って日本国憲法第25条に規定する「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」(生存権)と生活保護法の内容について争った行政訴訟である。原告の姓からこう呼ばれる。

・社会福祉法第3条では、「利用者の有する能力に応じ」自立した日常生活を営むことができるように支援するもの、と明記している。

・「障害者総合支援法」では、すべての国民は、障害者等が自立した生活が営めるような地域社会の実現に協力するよう努めなければならない、と規定している。

・介護福祉士が誠実に業務を行うことを明記した法律は「社会福祉士及び介護福祉士法」である。

・ソーシャルインクルージョンは、社会的な孤立や排除の問題に取り組むことを通じて、今日的な「つながり」の再構築を目指している。

・介護老人福祉施設で、やむを得ず身体拘束を行った場合には、拘束の理由などの記録が必要になる。

・コミュニケーションの基本として、自分自身の感情に気づくことが大切である。

・コミュニケーションの基本として、相手の言葉が出にくい時は、相手の言葉を待つことも大切である。

・ラポール形成の初期段階のかかわりでは、利用者の感情に関心を持つ。

・自己覚知のために最も重視するものは、自分の感情の動きとその背景を洞察することである。

・対人援助関係におけるコミュニケーションの基本として、一方的な意思表示はしない。

・利用者の家族(介護者)に対して、介護の大変さからくる感情に共感し、そのことを伝える。

・利用者との関係性を作る座り方として、対面法より直角法のほうが有効である。
スポンサーサイト


コメント

カタカナは読みにくい~!
昔の人はカタカナよく書きますね!
うちのおかんもカタカナしかかけないかも?

介護する上で、
介護する側の精神的ゆとりが
必要なので…
気持ちの切り替えが
かなり難しいです!
[2015/12/15 14:24] URL | たーくん #ZxLhLQ22 [ 編集 ]

ありがとうございます!
たしか、大日本帝国憲法の条文からして、漢字とカタカナでしたよね。

うちの利用者でもそういう方、おられます。

お名前、漢字でもひらがなでもなく、カタカナ、の女性もおられますよね。

パソコンを使い始めたころは、ゼンカクカタカナが使えずこのハンカクカタカナばかりを使っていました。



「朝日訴訟」って小学校でうっすら習ったやつか!

ラポール、って私にできるかどうか極めて疑問です。
[2015/12/19 11:32] URL | なおと #8Tl3ZpN2 [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://nonno36.blog80.fc2.com/tb.php/586-7462f134
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)