七央斗
さまざまで、テキトー。身のまわりのことが多いです。
プロフィール

なおと

Author:なおと
大阪市阿倍野区に勤務。
天王寺区に母と在住。
1965/9/11生まれ。
独身男性。
パラサイト・・じゃないですっ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



フリーエリア



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



葬儀
 で、1月24日葬儀でした。母が喪主です。大勢お集まりいただき、ありがとうございました。

 曹洞宗の御坊様が長めにお経を読んで下さいます。

 曹洞宗は「なむしゃかむにぶつ」というのですね。




 一通り終わって最後にベートーベンの交響曲第9番を流して頂きます。母の発案です。

 父が何回かサントリー主催の「1万人の第九」に参加し、ドイツ語で歌っていたからです。

 よほどお好きぢゃなければマネしないで下さい。「歓喜の歌」を葬式で使うのはあまりお勧めできません。

 で、出棺です。風が強くて寒いです。車に分乗します。

 この火葬場も近所の葬儀場に「仕事がらみ」で行ったことがあります。

 車から降ります。風がとても強くてとても寒いです。

 火葬場にはとても大勢の人がおられました。この時期は「多い」のだそうです。介護の現場で利用者の半袖をお断りしているのはご長寿のためです。

 10個くらい並んでいるうち、右隣の(何と呼ぶのでしょうか)焼き場?レーン(ぢゃないよね)?窯?の御坊様は先日うちに説明に来て下さった曹洞宗の方です。奇遇。

 で、バス2台に分乗し昼食を頂きに行きます。葬儀等を専門、というか得意にしておられるお店があるのですね。

 で、食事をビールやらバヤリースオレンジやらで頂きます。4人がけのテーブルが沢山。

 叔父のひでお様はせっかく若い美人が3人集中したテーブルなのに禁煙する気はないようです。

 で、火葬場に戻ります。


 遺体は生よりも焼いたほうが味わい深いですね。


 健康に注意して日々有意義に過ごしましょう。大腿骨が太くても後期高齢者になれない人もいます。

 つづく。
スポンサーサイト


コメント

お疲れ様です。

> 曹洞宗は「なむしゃかむにぶつ」というのですね。

私も先日、帰省した際に実家の仏壇で『なむしゃかむにぶつ』と唱えてきました。
ウチも曹洞宗なもので。

>大腿骨が太くても後期高齢者になれない人もいます。

これは一体?
[2012/05/16 19:26] URL | にっく・すとーん #- [ 編集 ]

ありがとうございます!
「大腿骨」が思ったより太いように思えました。

あの骨が細くて丈夫な身体のはずはない、と思いますが、

太くても73才で亡くなりました。

2カ月後、母(父より1歳上)が「後期高齢者」つまり75歳になりました。
[2012/05/16 21:45] URL | なおと #8Tl3ZpN2 [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://nonno36.blog80.fc2.com/tb.php/420-089731c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【葬儀】

 で、1月24日葬儀でした。母が喪主です。大勢お集まりいただき、ありがとうございました。 曹洞宗の御坊様が長めにお経を読んで下さいます。 曹洞宗は「なむしゃかむにぶつ」とい...
[2012/05/17 04:09] まとめwoネタ速neo