七央斗
さまざまで、テキトー。身のまわりのことが多いです。
プロフィール

なおと

Author:なおと
大阪市阿倍野区に勤務。
天王寺区に母と在住。
1965/9/11生まれ。
独身男性。
パラサイト・・じゃないですっ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



フリーエリア



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



お金をおろす
 今年1月末から3月初め頃までのことです。細かいことはすぐ忘れました。



 私のダウンジャケットはリバーシブルです。表はベージュですが状況が状況なので裏返しに着ます。黒です。ポケットが使いにくいので普段はそんな恰好はしません。

 で、サラリーマン時代に買った手提げかばんに書類を入れて出かけます。こういう鞄はスーツにネクタイが似合うと思うのですが、あいにくダウンジャケットはユニクロで買ったやつです。

 野村證券上本町支店の受付の若い美人は、意外なことに亡父を覚えていて下さいました。

 で、カウンター席に通されます。上品でおしゃれで大企業らしいです。

 いかにもキャリアウーマン、というかんじの担当者から説明を受けます。死亡診断書はコピーでいい、と言われ安心します。あれ1枚5000円するんです。

 口座の作り方の注文を考えてもう一度来い、と言われ帰ります。そんなこと10秒で決めれば即日終わった、と気づいたのはだいぶ後のことです。大企業のキャリアウーマンは俺の何倍も賢いんだろ?そのくらいわかるよな?

 受付の美人は帰りに「奥様にお力落としの無いようよろしくお伝えください」と言って下さいました(次に行ったときには私のことを覚えておられませんでしたが)。

 で、NTTドコモです。鶴橋駅前のお店はいつ見ても大繁盛です。

 用件を伝え、待たされます。説明を受け、書類を渡されます。

 書類を持っていきます。用件を伝え、1時間待ち、と言われ、出直します。

 再度行き、用件を聞かれます。私は原発ぢゃありません。ストレステストをしないでください。

 で、中央三井信託銀行です。画像は本店です。

中央


 受付の年配男性が内線電話で連絡して下さいます。私の珍しい苗字を伝えるのに10回くらい繰り返して下さいました。私の滑舌ぢゃなくても伝わりませんか・・・そうですか・・・。

 引き出す金額があまりに少額だとキャリアウ-マンは名刺を下さらない、と学びました。

 で、関西アーバン銀行です。画像は本店です。

関西


 バスの窓から新しい支店が見えたので近くの停留所で降りました。平尾支店は廃止されたのですね。

 新しい大正支店は客がほとんど来ないようです。あの楽しいTVCMもさほどの効果は無いのでしょうか。

 ここのキャリアウーマンは制服を着ておられます。天王寺支店の不手際を認め、書類を下さいました。

 そして用意すべき書類を教えて下さいます。

 お返し下さる金額は我々にとっては大金ですが、世間的には少額でしょう。

 ですが必要書類は、億単位のお金を想定しておられるようです。相続権を持つ東京の妹からも署名と捺印と印鑑証明が必要・・・四十九日に呼んで書かせねば。

 で、千葉銀行です。




 大阪支店は地下鉄の出入り口のすぐそばにあって便利ですが、客はほとんど来ないようです。うちの家族は昔、千葉県市原市に住んでいたのでその時口座を作ったのでしょう。

 用件を伝えると窓口の女性は必要書類を教えて下さり、

「相続の手続きは面倒だから必要あるまい」


というようなことを言って下さいました。関西アーバン銀行は彼らに学ぶべきかもです。

 で、役所です。

 大体の手続きは母がしてくれましたが、私も住民票やら印鑑証明やら戸籍謄本やらを取りに何度か行きました。

 天王寺区役所と(大きい)郵便局はうちから中途半端な場所にあります。バスに乗るほどではありませんが、歩くと遠い距離です。

 私は冬に自転車に乗るのは寒いのでいやです。結論、長距離を歩きます。

 そして役所は17:00で閉まります。と思ったら、西区役所は曜日によってはもっと遅くまで開いているそうです。天王寺区役所は彼らに学ぶべきかもです。

 少額とはいえ給料を頂いている私としては休みの日しか手続きできず、彼らは土日休みなのでなかなか捗らず、日数がかかりました。以上。つづく。
スポンサーサイト