七央斗
さまざまで、テキトー。身のまわりのことが多いです。
プロフィール

なおと

Author:なおと
大阪市阿倍野区に勤務。
天王寺区に母と在住。
1965/9/11生まれ。
独身男性。
パラサイト・・じゃないですっ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



フリーエリア



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



正直、誠実、だと思います
 父は手間がかかります。

 世間にはこういう場合のために「ショートステイ」というのがあります。

 以前の記事にも書きましたが、私の勤め先にもあります。要するに短期間、数日、数週間のご利用です。

 うちがお世話になっているケアマネージャー様



フルマラソンを走る30代既婚女性



に手配して頂き、今月20日から昨日(26日)午後まで泊めて頂きました。

 近所の特別養護老人ホームです。私の勤め先ではありません。

 途中から、少し変わってる、ような気がしていました。

 電話でご連絡を下さいます。

「人工肛門の扱いを間違えました!どうしましょう!?」


 これは仕方ありません。手術の失敗(私には失敗に見えます)によって難しいことになっています。これをまともにできるのは世界中で私の母、だけ、です。

 わざわざ、うちまで予備を取りにきて下さいました。恐縮。

 

「お薬を飲ませ忘れました!申し訳ございません!!」

 

 ・・・あなた方が正直で誠実な方々、というのはわかりました。

 ですが、かなり何度も連絡を下さったようで、母も、

「そんなことでいちいち電話せんでいい」


と申し上げた、そうです。

 で、私は一昨日から昨日にかけて夜勤だったのですが、昨日の16時半頃に電話がありました。

「今からお送りします」


とのことです。電話を切ってから気づきましたが、あと何分かかるか訊くのを忘れました。別にいいけど。

 で、帰ってきました。送って下さった職員は、にこやか。

 書類を持たされていました。何ていう書類だったかな、私の勤め先でいう「連絡ノート」にあたるのでしょう。

 うちの「連絡ノート」はA4の紙1枚です。下半分の内の3分の2くらいを我々介護職員が、3分の1を看護師が書きます。

 ところが、「ここ」のはA4が4~5枚です。見てみると、ことこまかくことこまかく、

食べた
寝た
薬飲ませた
遊んだ
歌った
トイレに行った
入浴した
茶飲んだ
食べた
寝た


・・・等々と書いてあります。

更にそれぞれの項目に、

佐藤一郎
佐藤一郎
鈴木太郎
板野友美
佐藤一郎
佐藤一郎
仲間由紀恵
板野友美
佐藤一郎
佐藤一郎
鈴木太郎
仲間由紀恵
板野友美
佐藤一郎
佐藤一郎
黒柳徹子
鈴木太郎


・・・というように、いちいち担当して下さった方々のお名前が書いてあります・・・。

 うちの「連絡ノート」とは全くの別物に見えます。



pink gundam


 ここの職員の皆様は、介護職員も相談員も優秀かつ忍耐強いのでしょう。

 真面目なのは私も見習わねば。ですが、私はここに転職すると胃に悪いような気がします。以上。
スポンサーサイト